ブログトップ | ログイン

ふうわり、やわらか

koto215.exblog.jp

<   2011年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

父との時間

毎年1月に行われるお琴の宗家の新春演奏会には父と出かけます。
もともと私が初めてのお稽古事にお琴を選んだのは、父が昔やって
いたから。
小さい頃はよく二人で合奏をしました。
最近はもう父が弾きませんので、そういう機会はなくなってしまい
ましたが・・・

先日も、例年のとおり父と演奏会に出かけました。
ここ数年は和服好きな父のために、私は着物を着ていくことにしています。
たま~の父との和服デート。
数日前からどの着物にしようか迷って迷って・・・
(これが「ホンモノの」デートなら良いのですが~(笑))
その結果、白大島にしました。
帯は黒地のものにして、シックな感じに。
父の好きそうな組み合わせです。

予約していた和食のお店で待ち合わせ。
ちょっと早めに着きましたが、絶対父はさらに早めに着ているはず・・・
昔から、待ち合わせには遅れたことがありません。
(母とのデートも一度たりとも遅れたことがないそうです)
思ったとおり(笑)

和食に合わせて、この日は特別昼間から熱燗で乾杯です。
個室で2時間とっていたので、ちょこちょことつまみながら熱燗を
飲んで・・・

父との会話は、それぞれの近況やお友達のこと、会社のこと、
習い事ごとのこと、世の中のこと、政治のこと、家族のこと・・・
尽きることがありません。

ゆっくりお食事と会話を楽しんだあとは、会場に移動をして
2時間の演奏会を楽しみました。

演奏会の後もお茶・・・のつもりが、もう外は薄暗くなっていたので
ワイン好きな父につきあってワインで乾杯(この日は飲み過ぎ~)。
演奏会の感想や、また別のおしゃべりで盛り上がり・・・
気づけば外はすっかり夜に。
いつだって、二人でワインを飲めば何時間でも会話が途切れることが
ありません。


途中まで一緒に帰り、別れてから楽しかった一日の後で急に寂しく
なってしまいました。

あと何回、こんな時間を父と過ごせるでしょうか・・・
出かけなくても月1~2回会うとして、時間にしたら年に120時間
くらい・・・日にちにしてたった6日。
あと10年続いたとしても60日。

一回を、一時間を、その一瞬を・・・大切にします。
by koto215 | 2011-01-29 18:35 | ひとりごと

干し柿

子どもの頃からフルーツはそれほど好きではなく、特にこの8ヶ月間は
意識していただかないようにしていたのですが・・・

これだけは別。
d0169349_18575227.jpg


More
by koto215 | 2011-01-20 03:03 | お気に入り

炊けた♪

昨日の朝のごはん。
一度予定時間に起きてからめずらしくちょっとだけ二度寝をしてしまい、
少し慌しい朝になってしまったのですが、そういう時だからこそ!
と、集中して、心を落ち着けて炊飯しました。

結果は・・・

More
by koto215 | 2011-01-18 05:27 | 玄米炊飯

確実な変化

週末にかけて2日連続で新年会がありました。
大きな排毒が落ち着いてきてからは、皆さんとの飲み会などにも
参加していたのですが、比較的和食が多く、出たものの範囲で
身体に影響の少なそうなものを戴いていました。

でもこの2日間は・・・事前に内容を知っていたら、以前の私だったら
参加を遠慮していたような内容でした。
昨年の排毒がひどかったので、どうしてもお肉やジャンクなもの、
甘いものを口にするのことをためらってしまいます。
でも、先日美風さんのブログでコメントさせていただいたときに
『身体に蓄積されてまた後々排毒して辛い思いをするのでは・・・という
恐怖がつきまといます。』
という私のコメントに対して

『身体も人の心も常に変化していることを忘れないでください。
そのうえで今回のことを考えてみましょう。
以外と身体への影響が少なかった理由を。
そこがしっかり理解できたら、少し不安が減りますよ。
少なくても「恐怖」という言葉は使わなくても良いようになります。』

というアドバイスを戴きました。
このお言葉で、昨年とは確実に腸の状態がよくなっている自分を信じて
みることにしました。

More
by koto215 | 2011-01-15 23:40 | からだのこと

『いってまいります』

数日前のある方のtweetです。

 『「行って来ます」も良いけれど、「行って参ります」も素敵ですね。
  そんな言い方は段々少数派になるのでしょうが、奥ゆかしさを感じて
  好きです。』

私はこの「いってまいります」に懐かしさを感じました。
両親のもとにいたときにはずっと「いってまいります」と言っていました。
毎日同じ時間に家からでかけるようになった幼稚園生の頃からずーっと。

両親、特に父は言葉を大切にする人でした。
でもこれは子どもにしてみると「うるさい」と感じることも多々あったの
ですが・・・
そんな中で「いってまいります」もそう言うように教えられたのでしょうね。
日常生活でも言い直させられたりすることは日常茶飯事。
一時横須賀にいたことがあって、多分土地の方言なのか今は全国的に
使われるようになっている『~じゃん』も、とても頻繁に使います。
お友達と遊んでいるうちに、こうした言い回しも覚えていくものですが、
何度注意されたことか(笑)

そしてその後、数年間海外で生活をすることになるのですが、テレビの
影響を受けないせいか、日本人学校のお友達はとても綺麗な日本語を
使います。
中には日本のテレビ番組のビデオを借りたり送ってもらったりしてみて
いる方もいましたが、そこで覚えた流行語を学校で言っても、知らない子が
多いので、それをみんなが使うようなことにはなりません。
そして我が家は父の考えで、住んでいる土地の文化や言葉、食べ物に
親しむということでしたので、もちろん日本のテレビ番組は一切見れない環境でした。
自然と私が話す日本語は、両親に教えられるまま、まわりのお友達と話す
まま・・・です。

その後日本に帰国したときに、まず私が一番衝撃を受けたのは同世代の
お友達の「言葉」、なんて乱れているのだろう、と感じました。
そして、私の話す日本語は「おかしい」のだそうです。
きっと一昔前の日本語を話しているような印象を受けたのでしょうね。
自分は自分・・・と思いながらも、まだ10代だった私は一時期は
「朱に染まろう」としたときもありました。
その過程の中で、「いってまいります」が「いってきます」に変化したと
いうこともあります。

なので今は「いってきます」も普通に言いますが、私はやっぱり
「いってまいります」の方が好きです。

あ、今では流行語なども「乱れている」とは思いません。
頑なに流行語を否定していた私に、あるとき「言葉は生きているもの
だから、その時代、時代で変化して良いものなんだ」と教えてくれた方がいました。
それはそうですよね。平安時代の言葉を今使ったらおかしいですもの・・・
なので私も「おはなう♪」や「モバ味噌わず~」なんて、twetterでは
言葉で楽しんでいます。
もちろん、父には「おはなう」なんて言えませんけれど・・・(笑)

変化は変化として受け入れて、奥ゆかしい言い回しや、綺麗な日本語
は大切にしていきたいと思います。
by koto215 | 2011-01-15 12:29 | ひとりごと

新年初稽古~香道~

香道の初稽古は、毎年いつものお稽古とは場所を変えて行います。
今年は代々木公園に隣接している「国立オリンピック記念青少年センター」
内にある『桜花亭』で。
d0169349_19264017.jpg


More
by koto215 | 2011-01-10 22:12 | ひとりごと

新年初稽古~お琴・三弦~

新年の初稽古は、お琴と三弦からでした。
毎年特に特別なことはしないのですが、この日もみっちり3時間近く
お稽古をしました。
師匠のお宅は三浦半島の南、久里浜にあります。
そう、あの『ペリー上陸記念碑』のあるところ。
お稽古は9時からですので、平日以上に早く家を出ます。

初めてお琴を習い始めたときはこの師匠のお弟子さんに教えていただいて
いました。
そして今の師匠のもとでお稽古をさせていただくようになってからは
もう24年になります。

そして師匠は新年の初稽古は私から・・・といつからか決められている
ようで・・・
これがものすごくプレッシャーなのです。

10年以上前の初稽古の日、天候不順か何かで電車が遅れ、初稽古に
20分ほど遅れてしまったのです。
げんを担ぐ方なので、その時「今年一年のお稽古を左右する初稽古
なのに!」とひどく叱られたことがあります。
途中で電車を降りて、タクシーに乗ってでも!ということなのでしょう。

それ以来、普段のお稽古も一度も遅れたことはありません。

そして今年の新年初の大仕事も無事に果たすことができました☆
余裕を持ち過ぎて時間が余ってしまったほどです・・・(苦笑)

これでお琴と三弦のお稽古は今年も安泰?
by koto215 | 2011-01-10 19:03 | ひとりごと

とっておきのお年玉

今年私は幸せコースに通います。
それを決めたのは昨年の6月頃でした。
楽しみで楽しみで仕方なかったのに、両親には言うことが出来ませんでした。
その頃から排毒が始まって、顔や足など傍目から見たら本当に
ひどい状態。
何かあったら(なくても)まずはすぐに医者、そして薬が大好きな父は
当然のように私に病院に行くことを勧めました。
でも、私はもう薬を使うのはイヤだったので、「病院に行っても先生から
処方される薬を使う気になれないから」という理由で断り続けていました。
それでも父は父なりに、いろいろな病院を調べてくれていたのですが・・・

そんな父には、私が病院に行かないのはむそう塾の影響だと映ったの
でしょう。
もちろんそんなことは全くありません。
逆に、美風さんには「お医者様とは上手く付き合っていかなければならない。
時には病院に行って、薬を使うことが必要なこともある」と言われていたので
薬を使わない選択をしていたのは私自身です。

むそう塾へは反対されても通うつもりでしたが、玄米炊飯の理念とも
言える
「まわりの人と一緒に幸せになる意識を持つ」
ということを考えると、両親には毎月「いってらっしゃい」と快く
送り出して欲しい。

そのためには、何としてでも体調を整えて成果を出すこと、アトピーを
改善することで認めてもらうしかありません。
そして幸せコースに通うことを、元旦に新年のご挨拶とともに今年の抱負を
述べるときに言おうと決めました。

その結果は・・・

More
by koto215 | 2011-01-05 03:47 | ひとりごと

あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

「私らしく、自然体で」
一日々々を大切に丁寧に、そして穏やかに過ごしたいと思います。

今年最大の楽しみは幸せコースに通うこと。
1年間しっかり通えるように、学んだことを100%自分のものに
できるように、努力とそのための毎日の生活の軸をしっかりすることも
同じように必要になってくると思います。
また、体質改善に向けても学びながら自分の目指すところに近づきたい
です。

More
by koto215 | 2011-01-02 21:11 | ひとりごと