ブログトップ | ログイン

ふうわり、やわらか

koto215.exblog.jp

<   2010年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

感覚の違い・・・?

先日も少し触れたのですが、奥歯が割れてしまったので
最近歯医者さんに行っています。
予約時間まで少しだけ時間があったので、銀座の某デパートを散策。
新しくなったキッチン売り場は、さまざまなメーカーのお鍋やフライパン
が並んでいて、何時間でも居られそうなくらい魅力的です♪

その中で、あまりデパートではお見かけしないシラルガンシリーズを
発見。
圧力鍋以外に、使い勝手の良さそうな小さなお鍋なども、いろいろな
種類があるのですね。
しばらく手にとって眺めていたのですが、圧力鍋のシーリングキャップの
替えがあと1つしかないことを思い出し、歯医者さんには近々あと数回
来る事になると思うので、取り寄せていただくことにしました。

その際、間違いがないようにその場にあったパンフレットを店員さんに
一緒に見ていただいてお願いをしようとしたところ…

More
by koto215 | 2010-10-23 22:00 | ひとりごと

リニューアル中⑥

前回リニューアル中⑤で顔に再び出てきたことを書きましたが
その後一旦落ち着いて、「このままなくなるかも♪」と思っていた
その日の午後にあっという間にまた顔に…

食べ物の心当たりと言えば…

一ヶ月前に『炊こう会』に参加し、玄米ごはんが進化したことくらい
ですので、この影響があるとすれば排毒が進んだのかも
しれません。ちょうどその影響が出てくる時期とぶつかります。
そうだとすればとても喜ぶべきことです。

それ以外は全くありません。
引き続き陰陽を意識した献立作り、嗜好品も戴いていないので。

また、この日は前日と比べてかなり気温が下がった日でした。
今までの経験から推測すると、やはり天候や季節の変化にも反応して
しまうのではないかと思われます。
それから10日あまり、秋は良い季節ではありますが気温やお天気も
日替わりなので、顔の症状は改善されませんでした。
また、あの辛い日々の繰り返しなのか…と、実際はかなりがっかり…
気分も落ち込みます。

排毒は、良くなってはまた症状が出て何度か繰り返すと聞きますので
覚悟はしていたのですが、実際症状が出るとやはり辛いですし、顔は
一番避けたいところです。

それでも、前回よりはかなり軽く、マスクをしなくても良いくらいの
状態をキープしたまま数日続き、今日あたりはパッと見は炎症が
わからないくらいまで改善しました。
「繰り返す」とは言っても、確実に前回よりは軽いです。
このまま落ち着いて、また今後出るようなことがあっても徐々に軽く
なってそのうち出なくなるのでしょうか…
そうなることを願うばかりです。

そして…腕は相変わらず☆
こちらも一時期大分よくなったかと思っていたのもつかの間、まだまだ
ひどいです。
こちらは長引きそう…
ただ、これから冬なので腕を出すこともなく、その点は救われます。

また最近気づいたのですが、排毒がひどいときと季節の変わり目は
私の場合、眉間に針の先くらいの水泡ができるのです。
でもあまりに小さいので、普通に見ただけではわからないのですが
目を凝らしてみると確かにあります。
眉間は肝臓…と聞いたことがあるので、季節の変わり目は肝臓に負担が
かかるのでしょうか…?
何か意味はあると思うのです。不思議ですけれど…

排毒が進んでいると信じて、前向きに引き続きがんばります。
by koto215 | 2010-10-20 21:38 | からだのこと

香道 ~宇治香~

秋晴れの気持ちの良い土曜日、10月のお香のお稽古は「宇治香」でした。
場所はいつもの神社の境内の一室です。
d0169349_18345542.jpg

d0169349_18363471.jpg

この日はお手前をさせていただきました。

More
by koto215 | 2010-10-17 18:58 | お気に入り

陰性に傾く・・・ということ

先日、会社帰りに久しぶりに歯の治療のため歯医者さんに行きました。
奥歯を舌で触ったときの感触に違和感があったのと、たまに
お食事のときに痛みを感じたので。

診察の結果、奥歯が割れてしまっていることが分かりました。
前から歯のくいしばりを指摘されていたのですが、意識のあるときに
それを感じるのはお琴を弾いているとき。
なので気をつけてはいたのですが…どうやら寝ている間に相当くいしばって
いるようです。
そんなにストレス溜まっているのかしら?

くいしばりも対策が必要なのですが、まず割れた歯の修復です。
セラミックを入れるにしても、麻酔が必要とのこと。
避けたかったのですが・・・仕方ありません。

やはり…麻酔に相当強く反応してしまいました。
今までも麻酔は苦手だったのですが、今回は少し気分が悪く・・・
少しだけ休ませてもらい、その後は無事に治療を終えました。

ただ、その後が大変。
治療後は立つのがやっと、歩くとフラフラ・・・
それでも氣をしっかり持って、どこへも寄らず(寄れず)何とか帰宅。
頭痛もしてきて、食欲もなく、すぐに就寝。
そして・・・いつも睡眠時間は4~5時間の私が、何と!10時間も眠り
続けました。
そして、起きても頭痛がひどいのです。
こんなにひどい頭痛は久しぶりでした。
お風呂に入ったら治るかも?などと思い、お風呂に入ったのですが
効果なしです。

でもそんな中、「麻酔は極陰のはずだから、陽性なもの!」と、丁寧に
けんちん汁を作り、玄米ごはんをよく噛んで戴いたら・・・
1時間後には頭痛はどこへやら。

身体が陰性に傾いているときは、それこそ玄米ごはんを食べて中庸に
持って行くことが必要なんだ、と身を持って感じました。
実際に体験するということは、今まで何回も耳で聞いてきたことが
一瞬のうちにすんなりと理解できます。

今回は麻酔で体験しましたが、これほど刺激は顕著でなくても甘いものも
お酒も同じこと(お酒は先日体験)。
それを今まであんなにたくさん頻繁に摂っていたかと思うと・・・
恐ろしくなります。
by koto215 | 2010-10-16 22:45 | ひとりごと

お酒の影響

先日、ちょっとしたお祝いの場があり、久しぶりにシャンパンを
いただきました。
社会人になってからワインが身近にある環境だったのと、もともとの
ワイン好きもあって、量は飲まなくても頻繁に飲んでいたのですが、
5月に体質改善に真剣に取り組み始めてからは、おつきあいの場でも
うま~くごまかして、ほとんど口にしないできました。
でも、お祝いだったので、久しぶりにグラスで1杯。

美味しい♪♪♪

自分から欲することもなかったのですが、久しぶりに口にするシャンパンは
やっぱり美味しかったです。
最初、1杯いただいたらもっともっと欲しくなってしまうのではないか、と
ちょっと怖かったのですが、そんなこともなく、1杯戴いただけでもう満足。

そんなこともちょっと嬉しくて、上機嫌で帰宅してグッスリ眠ったのですが…

翌日の落ち込みようのひどかったことと言ったら…
ものすご~く気持ちが沈んで、ちょっとした欝状態です。
そのうちに「生まれなければ良かった」とまで思う始末。
もうどうしようもありません…

極陰を摂ったという意識があったので、翌日はなるべく質の良い陽性を
摂るよう心がけたせいか、幸いにもそんな欝状態からは1日で回復。

そのときはそれがお酒の影響だとは全く気づかなかったのですが、数日
経って気づきました。
多分、身体がクリアになってきているので影響が大きかったのでしょう。

お酒の怖さをしみじみと感じた出来事でした。
怖い、コワイ…
by koto215 | 2010-10-12 22:23 | からだのこと

父の一言

最近、父に会うたびに
「放っておかないで、病院に行きなさい」
と言われます。
放ってなんていないんだけど…
一生懸命なんだけど…

この2週間くらいで、また少しだけ顔に排毒中。

父にとって「病院に行かない」=「放っている」
ということ。

悲しいな。
大好きな父には理解してもらいたい。
30年以上患っている湿疹が、一朝一夕で治る方法なんて
今のところない…と思う。
父の言うところの「治る」は、ステロイドを塗って一瞬で
湿疹が見えなくなることなのです。

父は「キミは医者じゃないだろう(だから素人判断するな)」と。
でも父も医者じゃない。

父は知らないかもしれないけれど(一番酷いときは会わないようにしていた)
これでもすごくすごく良くなっているのよ。
体調も前に比べれば本当に良いし、湿疹とは別に飲んでいた薬も
今は一切飲まなくて大丈夫になりました。

心配なのかもしれない、母に言わせると「治してあげたくて仕方ないのよ」
その気持ちは分かりすぎるくらいわかってる…

でも、もう少し長い目で見ていて欲しいし、私が一生懸命なことも
認めて欲しいナ。
by koto215 | 2010-10-11 14:09 | ひとりごと

リニューアル中⑤

夏も終わり秋になりましたが…
まだリニューアル中です。

両腕の肩から肘にかけては依然としてそのまま、かなり…です。
ただ足の脛は落ち着いていて、もうほとんど炎症はありません。
脛がこの状態になるまでに半年以上かかっていますから、腕も
年明けくらいまではかかるのかなぁ…と。
どちらも皮膚が厚い部分なので、それだけ時間がかかるのだと
思います。

そして…
あの『炊こう会』から帰ってきてから、また徐々に顔に出てきています。
(皆さんに『ツルツルね~』ってせっかくお褒めいただいたのに(;;))
顔は一番辛いところなのですが…
それでも、あの酷かったときと比べたら全然大丈夫。

理由を考えてみました。
炊こう会後お腹の調子もとっても良く、消化吸収の良いごはんが炊けて
いるのを実感しています。
そのせいで、排毒が進んだのではないか、と。
糠漬けの状態も◎、お食事も身体を冷やさないよう心がけていますし、
お味噌汁も朝は必ず、そしてランチにも自己流「モバイル味噌汁」を持参する
ようになりました☆
なので、決して悪い状態になって症状が出ているわけではないと思っています。

あと、ずーーーーっと右手の中指だけ炎症があったのですが、それも
ほとんど落ち着いてきました。
小さいところなのですが、右手中指は糠をかき混ぜるときに毎回とても
痛かったので嬉しい限り♪

季節の変わり目でもありますし、このまま観察を続けます。
腕が痒くて痛いのが今は辛いのですが、あんなに酷い状態だった足も
これだけ落ち着いているので、腕も落ち着く日が来ることを信じて。

そして、もちろん顔もそのうちまったく出なくなることを願いながら
消化吸収の良いごはんをきちんと炊いて、たくさんたくさん戴きます♪

※先日1年ぶりの健康診断で体重が少し増えていました♪
by koto215 | 2010-10-07 05:27 | からだのこと

作ること、食べること

むそう塾と関わりを持つようになってとても驚いたのが
皆さんとってもマメだということ。
お味噌作りや自家製梅干、紅生姜まで普通に手作りをされている方が
たくさんいます。
私のまわりにはあまりそういう人がいなくて、私が毎食自分で作っている…
というだけで驚かれるというのに。

そして…作ることが好きな人は、それと同じくらい、いえ、それ以上に
食べることが大好きなんだなぁ~と改めて感じています。
巷では「グルメ」などと言いますが、ちょっと違う。
もっと奥深く、そう「ホンモノ」を求めているのでしょう。
最近の日本の一般的な感覚としては、ごはんにお味噌汁、糠漬けから
始まって、酢の物…なんて、一見地味なのですが、日本人としての
お食事の基本にホンモノを追求する姿勢は、究極の贅沢にも思えて
しまいます。

でも、その全ての根底にあるのは「食べることが好き」
好きこそものの…とは良く言いますが、本当にそのとおりなのですね。

・・・と、そう言っている私も、食べることが大好きなのです♪
by koto215 | 2010-10-03 19:04 | ひとりごと